ブログは何記事書けば1万円稼ぐ目安になる?本代のお金をケチらないで済みます




ブログって何記事書けば稼げるの?

記事数の目安を知りたい~

 

そんな疑問にお答えします。

月1万円稼げるまでの目安ということで、お話します

 

先に手書きでまとめた画像はこちら↓

 

月1万円ブログで稼ぐための記事数の目安は?

あとは音声データです。6分半くらい。

以下が文章です(完全一致ではないです)

 

結論が遅かったので、先に言うと100記事です。

なんで100記事か、1万円で何ができるか、という話をしてます


こんにちは
哲学する高等遊民です

普段は哲学や文学についてツイートしてますけど、たまにブログへのことをツイートするんですよね

そうすると、わりと反響が良くてですね

なので今回は

 

「ブログで1万円稼ぐには何記事くらい書いたらいいの?」

 

という疑問に答えていきたいと思います

 

勉強ブログを作って月1万円を本代に使えたら最高!

なんで月1万円かっていうとですね

年間12万円ですし

月1万円余計に収入があったら相当なものだと思うんですよね

 

本代で1万円使えるのです

例えば

 

「500円や600円の新潮文庫しか買えない~」

 

そんなふうに思ってるあなたも

 

  • ちくま学芸文庫
  • 講談社学術文庫
  • 平凡社ライブラリー

 

余裕で買えるようなりますよ。

 

1,500円ぐらいですから、6冊買えます

 

さらにまた小説。

単行本とかで最初出ます

新刊小説は1,900円くらいしますかね

 

で、

「文庫になるまで待とう~」みたいな

「1~2年してから700円くらいで買おう~」みたいな

 

そんな悲しい生活。

 

高等遊民
私なんかその文庫がブックオフで108円になるまで待ちますよ

 

も月1万円ブログでもらえたら、即座に本屋で新品で買えます

 

いいですよね!

 

そんなメリットがあるので1万円稼ぐっていうところに焦点を当てて

「ブログで結局何記事書けば月1万円稼げるの?」

っていう話をしてきます

 

【提案】ブログで月1万円稼ぐには100記事を目安に書きましょう

まず第一に何記事書けばいいのか

結論を言うと、100記事が目安です

 

なんで100かというと、初心者の方を前提にして話してますけど

 

「書き方のコツやスタイルをつかむ」のがまず第一

 

基本的にはブログのアクセスを集めるためには、やはり書き方というのがあります

めちゃくちゃに書いてるだけでは、アクセスが集まらないですね

 

第2に、「ある程度の量が必要。でないと、そもそもGoogleに検索結果として表示されてこない」からです

 

高等遊民ブログも100記事書くまではひどかった

例えばその実証ですけど

私も高等遊民が一番最初に始めたブログです

1年半くらい前ですかね。
その当初のですね、自分の書いたものを見ると

「これはひどいな」

という感じですよ

 

ブログってです・ます調が一般的なんです

なのに「だ・である調」で偉そうに書きまくってるっていう

 

読むに耐えないですね
読まないでください(笑)

 

ちなみに一番最初の記事はこれです(絶対クリックしないでください)

高等遊民ブログ一番最初の記事(読まないで)

 

絶対こんなんじゃGoogle検索結果に表示されない

検索する人が、検索しそうなキーワードで記事を書かなきゃいけないんです

けど、そういうことは全然意識されない

これでは1万記事書いても読まれないです

 

読まれる記事ってどんな内容だろう……と勉強しながら100記事書いていく

するとだんだんとブラッシュアップされてくるんです

 

ブログは100記事書けば1記事くらいアクセスが生まれます→分析

スポンサードリンク

100記事くらい書けば、打率1%くらいは当たります

どんなにひどくても、1記事2記事くらいアクセスがくる記事が生まれるんですね

 

それで

  • なんでこの記事は読まれるのか?
  • ほかはなんでダメなのか?

 

分析ができます

 

数が少なくて、3記事くらいしか書いてないと、分析しようがないんです

 

なので、あたりが出るまで頑張って書いてみる

 

その目安が100記事なんです

 

あとは、ブログは記事数と時間が一定量ないと、アクセスが来ません

アクセスって3か月くらいは、うんともすんとも言わないんです

 

1日10人アクセス来るか来ないか、そんな感じです

仮に半年くらい経っても、まだ20記事くらいしかないと、やっぱりアクセス集まってきません

 

【実例】記事数が20では半年たってもアクセスは10pv

実際に私も実験的にもう1つブログを作ってみたんです

それは20記事くらい入ってて、半年前に開いたブログ(全然高等遊民の話題と関係ないんです)

 

1日10アクセスとかそんな感じです

 

やっぱりある程度の記事数を積まないと全然だめだなと思いました

 

 

【反論】記事数少ないのに稼げてるサイトもあるじゃん?

ちょっとブログ詳しい人が疑問に思うことですが、

 

  • 1ページしかないサイト(いわゆるペラサイト)
  • 10記事くらいしかないブログ

 

それで月に10万円くらい稼いでるサイトみたいなのあるじゃん?(´・з・`)

 

こういうのは実際あります

 

だから「100記事も書く必要ある?(´・з・`)」 って

 

これはブログやったことない人ほど思いがちなんですけど……

 

これはですね。プロの方がやってるんですよ

ブログとかネットで稼ぐプロフェッショナルな人たちが何度も試行錯誤された上で成功している事例です

 

なので私たちアマチュアにはあまりお勧めできないですね

少ない記事でお金を稼ぐのに必要なスキルはたくさんあります

 

【結論】ブログは100記事書くまで続ければ良いことあります

なのでまずは初めての方は

  1. 書き方を覚えるために、
  2. 書くことに抵抗なくすために、

 

100記事やりましょうっていう提案です

 

半年くらいで100記事くらい書いたらですね

大体月に1万円、もらえるか、もらえないか

 

それだけかよ! と感じる方もいるかも。。。

 

ただ言えるのは、「少なくとも100記事書かないと、1万円を稼ぐ道は遠い」と思います

 

高等遊民
まあ、そもそもは僕もお金稼ごうと思ってブログやってたわけじゃないんです

 

ブログ書きまくって、気がついたら100記事、200記事、300記事みたいな感じでした

その中で、自然と収入とか意識するようになったっていう感じですね。

 

高等遊民
気が付いたら、いつの間にか100記事書いてた

 

こういうのが理想的ですよね

 

半年から1年くらいかけて

書きたいジャンル・好きなジャンルで

楽しみながら無理のない範囲で

 

やってみてください!

 

高等遊民でした~

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。