難しい小説読み方のコツは?楽しみ方が劇的に変わる3つのスキル




あなたは「小説が読めない」と悩んでいませんか?

  • 実用書・エッセイなど、読みやすい本は読める
  • けれども小説は内容がダラダラして最後まで読めない
  • 退屈な話が続くとすぐ飽きる
  • 周りから小説が読めないことをバカにされる
  • 子供っぽいと言われる
  • 周りは村上春樹の新作の話などしていてすごいと思ってしまう
  • 自分をバカだなあと思ってしまう

小説を読むのは結構面倒くさいものですよね。
当サイトでは、読書が苦手な方には、小説は全くお勧めしていません。

(関連記事)読書嫌いが1ヶ月で直る!頭の良い人が自然と行う「本の読み方・選び方」

「実用書は読めるんだ。それでも小説を読んでみたい」

と思うあなた。
大丈夫です。

これから紹介する3つの方法を使えば
「どんな小説が苦手な方」でも、
あっという間に小説を読み込むことができます。

しかもきちんと内容も楽しめて、頭に残ります。

小説を読むのには、とても「大切なポイント」があるんです。

でもおそらく小説を読んでいる方の9割以上は、このポイントを知りません。

つまり、この方法を身につけてしまえば、あっと言う間に「小説読みのプロ」になれます。
まわりの文学談義なんか、おままごとに聴こえますよ。

そんな秘密の方法を伝授しましょう。

方法以前:本選びの手引き=今まで読んで面白かった作家の別作品を選ぶ

これはまだ秘密の方法の本体ではありません。
最初の本選びの段階です。

小説は最初の本選びが一番大変です。

  • ハズレをつかむと、つまらない。
  • かと言って、小説ほど当たり外れがわからないジャンルもない。
  • 決定的な基準がないから、いつまで経っても選びきれない。

芥川賞作品とか、本屋大賞なんか、別におもしろくありません。
多分に話題性とか、商業的判断が含まれています。

そういえば以前、東京新聞の投書で、こんな興味深いご意見がありました。

「異議が薄れる本屋大賞受賞」

4月ベテラン女性作家の恩田陸さんが本屋大賞を受賞した。
それ自体はおめでたいことだが、直木賞を受けた同じ小説の受賞でした。

相当優れた面白い作品であれば異論はありません。
しかし、これでは直木賞に追随する形で、本屋大賞も受賞されたように見えます。

本屋大賞は、全国の書店員からのアンケートで選考されます。
それが

「別の文学賞を受けた作品と本屋大賞作品が重なるケース」

ここ数年、とても目立ちます。

そもそも本屋大賞と言うのは、

– 出版不況で小説の売れ行きが悪い
– それを改善しようと設けられた大賞のはず

すでに評価もされ、売れている新刊小説を対象に選んでは「意味がない」のでは?

書店で働く方々も、内心そう思っているのではないでしょうか?

なるほどと思いました。

ということで、小説選びと言うのは、基本的には「自分の好みを基準にする」しかないのです。

じゃあ具体的にはどうやって、自分の好みで選ぶのか?

それは「好きな作家の別の作品を読む」

これが一番手っ取り早くてハズレがないです。

むしろ外れだったらラッキー!

「この作品は面白かった。
けどこの作品はハズレだね」

と語れるようになります。

もちろん、他人からお勧めを聞いてもいいです。
その時もポイントが。

「聞く人を選びましょう」

  • あなたの好きな人とか
  • もっと仲良くなりたい人

そういう方へ。おすすめを聞いたら良いのです。
はっきり言うと、小説のおすすめなんか、それほど意味があるとは思えません。
(だって人それぞれの好みだもの)

むしろおすすめの本を聞くことで「その方とのコミュニケーションを図ること」

こちらのほうが重要です。

「誰かにおすすめを聞く」というのは
「その人と仲良くなることを目的にする」

そう思うと、色々スムーズです。

お待たせしました。
次から本題です。

これからご紹介する方法とは「小説を読み飛ばすスキル」です。

方法その1 つまらなくなったらそのページを飛ばす

読んでいて「つまらないなあ」と感じたら、そのページを飛ばしてしまいましょう。

「えー!」と思われるかもしれません。

ここで小説の構成について、簡単にご説明を。

小説というのは3つの部分に分かれています

  • 説明
  • 対話
  • 描写

対話は、人間同士が会話をする部分。
説明は、作家が読者のために物語を説明するナレーション部分。
描写は、その瞬間の感情や風景の切り取り。物語と直接関わらないけど、そのシーンの印象を強くします。

この3つに分かれています。

だいたい小説というのは「対話」の部分(カギカッコでくくられた部分)

ここが楽しいわけですよね。

だから、対話以外の「説明の部分」が多い作品とか。
そういうところで「つまらないな」と感じたら、飛ばしてしまって結構。

もちろん説明や描写でも楽しい部分はあります。
その場合は、読んでもかまいません。
むしろ「スラスラ頭に入ってくる」でしょう。

  • 「つまらないな」
  • 「どうでもいいな」

と感じる説明のところは、あっさり飛ばしてしまう。
それでも全然内容は頭に入ってきます。

ちょっと分からなくなっても、会話だけ見てれば、だいたいわかります。

方法その2 面白かった箇所のページをはしょる

「小説を読み飛ばす」なんて、知らなかった方には、衝撃的かもしれませんね。

つまらないところを読み飛ばす。
と同時に「面白いところ」に印を付けていきましょう。

一番簡単なのはページの角をおること。
どんどん折りましょう。
本の上端がアコーディオンのようになっても大丈夫。
面白い証拠です。
折るほど楽しくなります。

それに折るだけなら、あとで直すこともできます。

付箋紙でもいいですが、読書が中断されるので、あんまりおすすめしません。

ちょっと高い本で、本をきれいに保ちたいなら、付箋がいいですね。
(ちなみに、図書館の本に付箋紙を貼るのはだめですよ。のりが付着して本が傷みます。)

さて、この2つの方法を併用すれば、「ものすごいペース」で小説が読めていきます。

5分で10ページくらいは読めていきますよ。
早ければその倍くらいのスピードでいけます。

方法その3 最後までたどり着いたらもう1度読む

「読み飛ばす」
「印をつける」

この方法で、圧倒的なスピードで読書ができたと思います。
おそらく早ければ1時間くらいで、300ページの文庫本が読めてしまうでしょう。

そのスピードで読み終えてしまって、頭に何か印象に残りましたか?

  • 「楽しかったな」
  • 「つまらなかったな」

どちらかの印象は残ると思います。

ここでつまらなかったら、
もう「その本はつまらない」ということで片付けてしまってもOK。

「読み飛ばすからだ!」
「拾い読みしておいてつまらないとは何ごとだ!」

お叱りの声が聞こえます。

確かに、どんな本でも、よく読んだら面白い箇所は見つかるとは思います。

だけどまぁ、「そこまで細かく時間を使って読みたいかどうか?」

「あなたにとってその本は、大量の時間をかけて読む価値のある本か?」

ここは、あなたの判断です。

(ちょっと脱線。)
似たようなお怒りの声に、

「アニメを倍速で見る奴ゆるせない!」

というものがあります。

アニメの細部を楽しめる方はうらやましいです。
でもアニメファンの全員が全員、絵柄まで研究したいわけではありません。
(脱線終わり)

「こんな飛ばし読みでも面白いなー」
という印象が残る本もたくさんあります。

そんな時は自然と、
「もう少し細かく読んでみたいな」
と感じるものです。

そしたらまた、改めて再読すれば良いのです。

本は最初に読むよりも、2回目に読んだ方がはるかに「内容理解も速度も充実して読む」ことができます。

要するに「小説を読み飛ばすスキル」とは、
「早い段階で初回の読書を終えてしまうこと」

「早く、深く読む」

小説を読み飛ばすスキルはそれを短期間で実現する、魔法のツールなのです。

小説を読み飛ばすと言うと

「そんなことして何が面白いの?
筋が分かんなくなってつまらないじゃない?」

と思われるかもしれません。
でもそんなことありません。

筋だけを追うのが小説の読み方ではないのです。

この辺りのことは夏目漱石が『草枕』で実験していることでもあります。

(関連記事)筋を読まずに小説を読めるか?『草枕』におけるプロット無視の読書法

そして読み飛ばすスキルというのは、
完全にあらすじを、ストーリーを読むのを放棄しているわけではありません。
ストーリーをたどりつつ、細かい説明や描写を省きながら読むということです。

その辺りの細かいことは、2回目以降にじっくり読めば良いのです。

まとめ

「小説を読むのが苦手」と悩むあなたに
「小説が誰でも早く深く読めるようになる魔法の方法」についてご紹介しました。

  • つまらなかったらそのページは飛ばす
  • 面白かったページは角を折って印をつける
  • 読み終えて印象が良かったらもう一度読む

この3つです。
この3つの方法を実践すれば、あなたは圧倒的な「読書スピードと理解力」を身に付けられます。

他人に感想を求められても、スラスラと答えられます。

だって面白かった部分には、印をつけているのですから。
印をつけると、わりと記憶ができるものです。
本はどんどん使い込んでいきましょう。

またこの「小説を読み飛ばすスキル」
ほかのどんなジャンルの本にも応用できます。

あなたがこの3つの読書法を身につければ、もっと難しい本もスラスラと抵抗なく読むことができるでしょう。