死の秘宝part1前編のネタバレ解説をラスト結末まで!ハリーポッター映画考察




映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】のあらすじラスト結末まで解説!

金曜ロードショー公式Twitter

シリーズ第7作目となる「死の秘宝 PART1」。

こちらは原作である小説「ハリー・ポッターと死の秘宝」の前編にあたる作品です。

全編・後編と分けたのも原作をより忠実に再現するためだそうで、

なんと劇場版としては初めて原作者の「J・K・ローリング」が製作として直接映画に携わったんだそう。

原作の1巻を2部に分けているので正直前編では謎が多く残りますし、オチも少し弱くはあります。

がしかし!

PART1をきちんと理解できなければ最大のオチに繋がるPART2を理解できっこない!

ということでシリーズでも重要なラスト部分の前半のあらすじを完全ネタバレ含めてご説明致します!

まだ「死の秘宝 PART1」をご覧になっていない方は是非ご覧になってから復習がてらこちらに遊びに来てくださいね♪

 

死の秘宝part1前編のネタバレ解説をラスト結末まで!ハリーポッター映画考察

映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】ネタバレあらすじ

まず、前作の「ハリー・ポッターと死の秘宝」にて

ホグワーツ校長・アルバス・ダンブルドアはスネイプに殺害されています。

物語はその後に闇の勢力を拡大したヴォルデモートと

そのヴォルデモートを滅ぼす唯一の手段である「分霊箱の破壊」をしようとするハリー・ポッターという構図から始まります。

なので本来であればホグワーツで7年生に進級するはずのハリー・ロン・ハーマイオニーは学校には戻りません。

この3人の目的はヴォルデモートに見つからないように分霊箱を探し破壊をすること

しかしハリーの目的を知っているヴォルデモートは分霊箱の破壊を阻止するためにもハリーの命を狙います。

3人が旅に出る前には魔法省大臣のルーファス・スクリムジョールが『ダンブルドアの遺品』を届けにやって来ます。

ハリー・ポッターWiki

↑ルーファス・スクリムジョール大臣

  • ロンには「灯消しライター」
  • ハーマイオニーには「吟遊詩人ビードルの物語」
  • ハリーには「金のスニッチ」

 

 

本当ならばハリーにはもう一つの遺品が渡されるはずでした。

それは「ゴドリック・グリフィンドールの剣」

しかし肝心のその剣は行方不明。

その後もヴォルデモートの手下であるデスイーターに襲われ逃げる3人。

とにかくpart1は「逃げまくる」印象です。

逃げながらも次々出てくる情報・ヒントをまとめると

  • シリウスの弟(レギュラス・アークタルス・ブラック)が『RAB』だと知る。
  • 2つのうち1つのロケット(分霊箱)を、マンダンガスが盗んでいた
  • ハリーたちはマンダンガスを問い詰めるが、ロケットはドローレス・アンブリッジに奪われていた。
  • 尋問をしていたアンブリッジからロケットを奪う

このロケットとは

このスリザリンのロケットです。

しかし奪ったところでこのロケットが破壊できずに険悪になっていく3人。

そんな中、ハーマイオニーが「グリフィンドールの剣」なら分霊箱を破壊できることに気がつきます。

 

 

それが分かったところで剣もないし、ついにはロンが仲間割れの末抜けてしまうことに・・・

残ったハリーとハーマイオニーは次なるヒントを求め「ゴドリックの谷」へ。

そこでハーマイオニーはイグノタス・ペベレルの墓石にあるマークを発見します。

そのマークとは

  • 吟遊詩人ビードルの物語
  • ルーナ・ラブグッドの父親が首から下げていた“印”

と同じもの。

このマークの正体は後に分かります。

「ゴドリックの谷」では老婆に姿を変えたナギニに襲われますがハーマイオニーに助けられ2人は再び移動。

「ディーンの森」で夜を迎えたが、ハリーは牝鹿の守護霊に導かれ、湖の底にある「グリフィンドールの剣」を発見する。

この剣を取るために凍った湖に潜りますがロケットが邪魔をして溺れそうに!

そこに仲間から抜けていたロンが現れ無事にハリーを救出。

剣をゲットしたことでロケット(分霊箱)の破壊に成功します。

 

映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】ラスト結末ネタバレ

ペベレルの墓石や吟遊詩人ビードルの物語に描かれていたマークの謎を解くために3人はルーナ・ラブグッドの父「ゼノフィリウス」に会いに…。

ゼノフィリウスはそのマークについて「死の秘宝の印」と教えてくれます。

この印は「吟遊詩人ビードルの物語」の中の「3人兄弟の物語」に出てくる

  1. ニワトコの杖
  2. 蘇りの石
  3. 透明マント

 

を現していました。

「この3つを集めれば死を制する者になれる。」

 

さらにハーマイオニーが「ペべレル家と死の秘宝」との関係について尋ねると

  • イグノタス
  • カドマス
  • アンチオク

 

の3兄弟が「死の秘宝の最初の持ち主で物語のモデルである」とゼノフィリウスは答えます。

そして「ハリー。君が最後の望みだ。」と付け加えます。

実はゼノフィリウス。

この時すでに娘のルーナをヴォルデモートに人質として連れ去られていました。

ハリーを差し出せば娘を返してもらえるためデスイーターを呼びます。

間一髪逃げ切れたと思った3人ですが、すぐに人さらいに捕まってマルフォイ邸に連れて行かれてしまいます。

ハリーとロンは地下牢に監禁されるが、そこでゴブリン、ルーナ、オリバンダー、ドビーと再会。

ここからドビーが大活躍するんですよね。

ELLE girl

まずドビーの力で地下牢から脱出。

人質に取られていたハーマイオニーも隙をついて救出します。

しかしドビーが皆を脱出移動させる瞬間にベラトリックスからの攻撃を受けており、直後にドビーは亡くなってしまうんです!

なんと!あのドビーが!(涙)

ドビーを失い悲しみにくれるハリー一同。

きちんと埋葬してドビーを弔います。

そんな中、ヴォルデモートはダンブルドアの墓から死の秘宝の1つ「ニワトコの杖」を手に入れてpart1の幕を閉じます。

 

映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】簡単にまとめると

スポンサードリンク

とにかくハリーたちは分霊箱を探しながら逃げます!

ゲットして破壊した分霊箱は「スリザリンのロケット」一つ!

その際手に入れたのはグリフィンドールの剣。

そして謎のマークは「死の秘宝の印」であったことを突き止めます。

残念ながらドビーは死んでしまうし、ヴォルデモートはニワトコの杖をゲットしてしまうしで未だ一進一退。。

だいぶ伏線の回収はされはじめましたが、まだまだ謎は多く強敵ヴォルデモートを倒すには程遠い印象の回です。

 

まとめ:映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】のあらすじラスト結末まで解説!

【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】あらすじ結末まで完全ネタバレでご紹介致しました!

  1. 映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】ネタバレあらすじ
  2. 映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】ラスト結末ネタバレ
  3. 映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】簡潔にまとめると

前半では分霊箱一つしか破壊できなかったなんて…

ドビーも死んでしまうし悲しい!

パート2はどうなってしまうんでしょう??

ワクワクドキドキです!

以上「映画【ハリー・ポッターと死の秘宝part1】のあらすじラスト結末まで解説!」でした!

ハリーポッター・ファンタスティックビーストの考察・解説・ネタバレ記事

ファンタスティックビースト・ファンタビ

ハリーポッター・ハリポタ

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。