ファンタスティックビースト1とハリーポッターの時系列や関係を解説。共通点と違い、次回への伏線は?




画像:金曜ロードショー公式Twitter

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品であり、

新たなシリーズとなった「ファンタスティック・ビースト」。

2018年11月現在で既にシリーズ2作品目まで上映されています。

さて、ハリポタファン・ファンタビファンなら当然周知のことかもしれまんが、

私のようにファンタビに乗り遅れると設定から繋がりまでサッパリ分かりません。

 

スピンオフとは言え世界観や設定はどうなっているのか?

  • 時系列
  • ハリポタとの関係性や共通点
  • ハリポタとの違い

 

などの疑問を分かりやすくまとめたいと思います!

ちなみにこちらの記事では【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】とハリポタシリーズを比較致します。

まだ観ていない方は途中からネタバレも含まれますので十分ご注意ください。

※現在上映中の続編ファンタスティック・ビースト2に関しては含まれていません。

ファンタスティック・ビーストを今すぐ視聴するならU-NEXT

ファンタスティックビースト1とハリーポッターの時系列や関係の伏線を解説。共通点と違いはある?

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の時系列は?

スピンオフだし、ハリポタとの世界観は同じなんだろうけど

  • 「いつ?どのあたりの話?」
  • 「ハリーやロンやハーマイオニーは登場するの?」
  • 「主人公は誰?ハリポタで登場した人?」

正直このレベルでついていけていない。

完全に乗り遅れました。

ハリー・ポッターシリーズは観ていたんですがヴォルデモート倒して終結したところで喪失感に襲われた私。

スピンオフと言われても主人公誰だか知らんし浮気に走るようでなんとなく拒否ってました。

 

しかし、シリーズはまだ続いていた!

しかも面白い!

これは知っておくべきだった!

 

と、知らなかった自分に喝。

 

ご覧になる前でも、なった後でも。知っておくべき時系列についてご紹介致します。

まず時代ですがハリー・ポッターの1作目である「賢者の石」の70年前。

1926年のアメリカが舞台となっています。

ということはハリー達はまだ生まれていませんね。

ファンタビのシリーズは全5作の予定だそうなので恐らく通常の時系列で進んでいけば

  1. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  2. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  3. ファンタスティック・ビースト3
  4. ファンタスティック・ビースト4
  5. ファンタスティック・ビースト5

 

となり

ハリー・ポッターと賢者の石に繋がる。

なので単純に時系列で言うのであれば

 

ファンタビシリーズ

↓↓↓

ハリポタシリーズ

 

ってことです。

あえて時系列をさかのぼる映画化ってなんだかスターウォーズみたいですね。

スターウォーズの野菜版Grocery Store Warsが面白い!あらすじ内容とキャスト紹介

 

ファンタスティックビーストとハリー・ポッターシリーズとの関係は?

時系列が判明したところで次は繋がり・関係性ですね!

主人公は誰?

ハリーと繋がる?って疑問ですよね。

さて、今作の主人公はこちら↓

画像:金曜ロードショー公式Twitter

イケメンですね。

  • 名前は「ニュート・スキャマンダー」
  • 職業は「魔法生物・動物学者」

 

これだけでピンとくる方は立派なポッタリアンです。

もう一つのヒントは彼は後に「幻の動物とその生息地」という本を書きます。

なんか聞いた事あるかも~。となったアナタも凄い!

私はすっかり忘れていましたからね。

 

実はこの本はハリー・ポッターシリーズに登場する魔法生物に関する書籍なんです。

幻の動物とその生息地Amazon

ちなみにホグワーツ校指定教科書になっています。

そう。

ファンタビの主人公はハリーやロン・ハーマイオニーが使う教科書になる本を書いた人!

登場こそしていませんが、セリフの中で校長になる前の若き教師であるダンブルドアの名も出てきます!

 

そしてラストには変装していたグリンデルバルドまで登場!

(ハリーポッターと死の秘宝でチラッと登場していた獄中のおじいちゃんですね。)

主人公のニュートはホグワーツ魔法学校の卒業生でいて魔法生物学者として活躍する人物。

シリーズ1作目である【魔法使いの旅】では未だ「幻の動物とその生息地」の執筆に取り掛かってはいません。

がしかしラストには「本が書けたら渡しに来る。」とヒロイン的立場の女性ティナに伝えます。

現在上映中の2作目ではどうやら本が完成しているようですね。

ハリー・ポッターシリーズとの共通点や違いは?

ファンタスティックビーストとハリーポッター

まず共通点をまとめると

  • 世界観が同じ
  • 原作者が同じ
  • 監督が同じ(不死鳥の騎士団~死の秘宝part2まで)
  • 呪文が同じ
  • 魔法生物や存在する種族も同じ

単純にハリポタシリーズの過去の話になるので作品の世界観は同じです。

なので魔法使いの呪文もハリポタで聞いた事のある呪文が出てきます。

例えば

  • 「オブリビエイト」←「忘れよ」という記憶を消去する呪文
  • 「アロホモーラ」←「開け」という扉を開けるときの呪文
  • 「ルーモス」←「光よ」という暗闇を明るくする呪文

などなど。

そして存在する生物も同じ。

カモノハシのような「二フラー」や「ボウトラックル」。

ゴブリンや屋敷しもべも登場します。

↑なんだかこのゴブリン。ハリソン・フォードに似てる。

 

続いて違う点

  • 時代
  • 舞台がアメリカ
  • 主人公の出身寮

設定の時代が過去なので街の雰囲気や服装がレトロですね。

それと同時に舞台がイギリスではなくアメリカです。

なのでマグルの言い方もアメリカ流「ノーマジ」と言っています。

ちなみにファンタビシリーズは毎回舞台となる国が変わるようなのでこれからはそんな所もチェックして観ておきたいですね。

そして最後に主人公のニュートはハッフルパフ出身です。

ハリーポッターシリーズではグリフィンドールとスリザリンが目立っていて他の2つの寮はあまり印象にないですもんね~。

ハッフルパフの特色である「忠誠心と忍耐力」も見どころの一つとなってます!

 

ファンタスティックビーストとハリーポッター。次回・今後の伏線は?

スポンサードリンク

正直ハリー・ポッター1作目から70年前という設定からのスタートなので

ハリー・ポッターに繋がる伏線の前の前の段階と言った印象の【魔法使いの旅】編。

しかしこれから繋がってくるであろう伏線がビッシリ詰まっています。

  • ニュートの元彼女である「リタ・ストレンジ」は何があったのか?
  • グリンデルバルドの今後は?ダンブルドアとの関係は?
  • ノーマジ(マグル)と魔法使いの関係は?
  • クリーデンスは生き残ったのか?

今後どんどん時系列がハリポタシリーズに近づいていくので「なるほどこれが!」的な伏線回収が沢山出来ることでしょう。

ハリーの生まれる前の魔法界の闇が明らかに?

楽しみです!

 

まとめ:ファンタスティックビースト1とハリーポッターの時系列や関係を解説。共通点と違いはある?次回への伏線は?

画像:ナタリー

ファンタスティック・ビーストとハリー・ポッターの時系列や関係を解説。共通点と違い、次回への伏線についてまとめました!

  1. 【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】の時系列は?
  2. ハリー・ポッターシリーズとの関係は?
  3. ハリー・ポッターシリーズとの共通点や違いは?
  4. 次回・今後の伏線は?

 

事前情報を知らず期待値も低かった私。

もっと早く知っておくべきだったと後悔するぐらいに面白い作品でした!

またハリポタシリーズをちゃんと見返してファンタビより楽しみたいと思います。

 

以上!「ファンタスティック・ビースト1とハリーポッターの時系列や関係を解説。共通点と違い、次回への伏線は?」でした!

ファンタスティック・ビーストを今すぐ視聴するならU-NEXT

ハリーポッター・ファンタスティックビーストの考察・解説・ネタバレ記事

ファンタスティックビースト・ファンタビ

ハリーポッター・ハリポタ

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。