マリアがイエスの頭に香油を注いだ意味とは?マルコ福音書14章より

スパイクナードの香油と壺

聖書でイエスが頭にかけられた香油。

オリーブオイルだと思ってましたけど違います。(『エクストラバージンの嘘と真実』という本にはそう書いてあった気がしたのですが)

マルコ14.3にはこうあります。

「そして彼がベタニアでらい病人シモンの家にいた時に、食卓についていると、一人の女が高価な本物のナルドスの香油の小壺を持って入ってきて、壺を割り、彼の頭に注いだ。」

ナルドスってなんだと思ったら、英語ではnard、 現在はスパイクナードという植物だそうです。
ヒマラヤを原産地としてる古代から今でも精油がアロマとして 使われている 植物だそうです
オリーブオイルじゃなかった〜。

さてナルドスですが。
「高価な本物の」 でわざわざ言ってるんだからかなり貴重で 偽物の安物も出回っていたんでしょうね。 さながらエクストラバージンか そうでないかみたいな話でしょうか…

高価な香油らしいので、誰でも埋葬のときに、ナルドス使えたとは考えにくいですね。きっと安い香油もあったんだと思います。
それを生きてるイエスにかけたから、女(マリア)はものすごく怒られたのでしょうね。

なぜわざわざ壺を割ってナルド香油を注いだのか?

「壺を割り」ってのもおもしろいです。
そんな割らんでもいいじゃん。蓋だけとって、壺はまた使えばいいじゃんと。

なんでわざわざ壺を割ったのか。
それはある意味で厄除けです。

当時は墓地で死者に油やアロマを塗るという習慣がありました。

それはイエス埋葬の際(復活の朝)にもマリアたちが「(香油を)塗りに来た」と書かれています。

亡くなった人に使った香油を 別の人に使い回したりしません

的な風習があったそうです。( そして割ったツボは 棺のそばにおいてくる)

高等遊民であるこの私も、整髪料をつけるならドラッグストアのワックスじゃなくて、香油を使いたいなと思いました。
オリーブオイルならつけようと思えばつけられましたが、スパイクナードなる油は なかなか手に入りにくいです。「高価な本物」なだけあります。

参考文献:田川建三『新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書』

田川建三先生の本で、このエピソードで「壺を割る」意味をはじめて理解できました。


高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。