【無敵のディベート術】議論に勝つ方法はソクラテスに学べ!




ソクラテスの議論不敗神話。

 

若者を善くする人々は誰か?

「メレトス君、わたしに言ってくれ。君は若い人々ができるだけ善くなることが一番大事だと、そう思うだろう?」

「もちろんそう思う。」

「では誰が若い人々を善くしてくれるのだ?」

(メレトス沈黙)

「言えないじゃないか。」

「法律だ」

「いやそんなことは聞いてない。どの人間が若者たちを善くしてくれるのかを聞いているんだ。では法律を一番よく知っているのは誰だい?」

「ここにいる裁判官たちだ」

「彼らは若者たちを善くしているのかね。」

「そうだ。」

「裁判官たち全員かね。それとも、一部の人たちかね。」

「全員だ。」

「たくさんいるものだね。じゃあ裁判官でない、傍聴している人々も、若者を善くしているのかな。」

「そうだ。」

「どうやら私以外のすべてのアテナイ人が、若者たちを立派で善い人間にしているんだね。私だけが堕落させているというわけだね。」

「全く、そのとおりだ。」

「じゃあ馬の場合はどうだい。すべての人間が馬を善くすることができるのかね。それとも馬の調教師だけが善くできるのではないかね。」

「……」

 

若者を堕落させているのは意図的か

「善良な市民の間で暮らすのと、劣悪な市民の間で暮らすのは、どちらがいいだろう?」

「……」

「答えてよ。じゃあ劣悪な人たちは、近くの人々に害悪を与え、他方、善良な人たちは、近くの人々に益になるのではないかね。」

「そうだ」

「では一緒に暮らす人によって、恩恵を受けるよりも、害悪を受けることを望む人は誰かいるかな。」

「いや、いない」

「ではどうだろう。私は若者たちを堕落させているときみはいうが、それは私が意図的にやっているのか、それとも私は自分でも気付かないうちに、若者たちを堕落させてしまっているのだろうか。」

「あなたは意図的にやっていると、主張する」

「そうだったのか。私は意図的に若者たちを堕落させているとは全く気がつかなかったよ。いや教えてくれてありがとう。」

 



高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順

2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1については「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。

5つの手順は、「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。

3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。

3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。

ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

哲学という、かなり難しい内容でも、音声入力で話して書くことは可能です。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2は、プラトンの主著『国家』の要約です。原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。