【近代日本の天才詩人】中原中也詩集『山羊の歌』と『在りし日の歌』を読む

中原中也




昭和の詩人、中原中也の処女詩集・第2詩集を紹介します。

中原中也はNHKテレビ「100分de名著」で、現在(2017年1月)取り上げられていますね。

生没年は1907~1937。夭逝した詩人であり、ほとんどの作品を青空文庫でも読むことができます。

作家別作品リスト:中原 中也(青空文庫)

 

処女詩集『山羊の歌』とは

『山羊の歌』初版は1934年。実に中也の死の3年前です。高村光太郎による装丁、およそ150ページ、自費出版のため、わずか200部限定で出版されました。

「1924年から30年ころの作品を収めた」と記載されており、44作が収録されています。

 

ダダイズムの影響の濃い少年期の作品「春の日の夕暮」に始まります。

トタンがセンベイ食べて
春の日の夕暮は穏かです
アンダースローされた灰が蒼ざめて
春の日の夕暮は静かです

ああ! 案山子かかしはないか――あるまい
いななくか――嘶きもしまい
ただただ月の光のヌメランとするまゝに
従順なのは 春の日の夕暮か

ポトホトと野の中に伽藍がらんは紅く
荷馬車の車輪 油を失ひ
私が歴史的現在に物を云へば
嘲る嘲る 空と山とが

瓦が一枚 はぐれました
これから春の日の夕暮は
無言ながら 前進します
みづからの 静脈管の中へです

(引用はすべて青空文庫より)

 

さらに、古典的なソネット形式と格調高い文語体をベースとしながら、中也独特の倦怠感を混ぜ合わせた作品「朝の歌」

天井に あかきいろいで
  戸の隙を 洩れ入る光、
ひなびたる 軍楽のおも
  手にてなす なにごともなし。

小鳥らの うたはきこえず
  空は今日 はなだ色らし、
んじてし 人のこころを
  いさめする なにものもなし。

樹脂じゆしの香に 朝は悩まし
  うしなひし さまざまのゆめ、
森竝は 風に鳴るかな

ひろごりて たひらかの空、
  土手づたひ きえてゆくかな
うつくしき さまざまの夢。

 

青春の迷いと孤独をうたった「寒い夜の自我」

きらびやかでもないけれど
この一本の手綱をはなさず
この陰暗の地域を過ぎる!
その志明らかなれば
冬の夜を我は嘆かず
人々の憔懆せうさうのみのかなしみや
憧れに引廻される女等の鼻唄を
わが瑣細なる罰と感じ
そが、わが皮膚を刺すにまかす。

蹌踉よろめくままに静もりを保ち、
いささかは儀文めいた心地をもつて
われはわが怠惰をいさめる
寒月の下を往きながら。

陽気で、坦々として、しかも己を売らないことをと、
わが魂の願ふことであつた!

 

中也の最も有名な詩、口語の七五調「汚れっちまった悲しみに……」

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘かはごろも
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠けだいのうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気おぢけづき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

「汚れっちまった悲しみに……」の言葉の意味や解説は別記事でも書きました。

(関連記事)中原中也「汚れっちまった悲しみに」の意味と鑑賞

 

第2詩集『在りし日の歌』とは

中原中也の第2詩集『在りし日の歌』初版は1938年。中原中也の生没年は1907年~1937年ですから、死後出版となります。

編集は中也自身の手でなされましたが、その原稿を託した友人は小林秀雄。文芸評論家のあの小林秀雄です。

収録された作品は、主に第1詩集『山羊の歌』以後の作品(一部創作時期は重なる)で、総数58作。

末尾の16作品については「永訣の秋」と題して、詩集の中でも特に区別されています。

 

中也は先ほど述べたとおり、ダダイズムから出発し、後年ランボーやヴェルレーヌら、フランスの象徴派詩人の作品に慣れ親しみました。(小林秀雄も同様です。)

有名な「汚れっちまった哀しみに」に代表されるように、中也は童謡・歌謡風の、リズムよい形式によって知られています。

しかし一方の内容は、社会生活からの脱落感と抵抗感情とが交錯するような、複雑な感情をうたいあげています。

 

「頑是ない歌」

思へば遠く来たもんだ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛の湯気ゆげは今いづこ

雲の間に月はゐて
それな汽笛を耳にすると
竦然しようぜんとして身をすくめ
月はその時空にゐた

それから何年経つたことか
汽笛の湯気を茫然と
眼で追ひかなしくなつてゐた
あの頃の俺はいまいづこ

今では女房子供持ち
思へば遠く来たもんだ
此の先まだまだ何時までか
生きてゆくのであらうけど

生きてゆくのであらうけど
遠く経て来た日やよる
あんまりこんなにこひしゆては
なんだか自信が持てないよ

さりとて生きてゆく限り
結局我ン張る僕の性質さが
と思へばなんだか我ながら
いたはしいよなものですよ

考へてみればそれはまあ
結局我ン張るのだとして
昔恋しい時もあり そして
どうにかやつてはゆくのでせう

考へてみれば簡単だ
畢竟ひつきやう意志の問題だ
なんとかやるより仕方もない
やりさへすればよいのだと

思ふけれどもそれもそれ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛の湯気や今いづこ

 

(関連記事)近代日本文学のポイントをやんわりおさえる入門解説書

 

スポンサードリンク