「 プラトン 」 一覧

no image

僭主独裁政治は、民主主義から生まれる|プラトン『国家』

  プラトン『国家』第8巻~第9巻では、国制を5つに分類する。 「優秀 …

no image

【なんで西洋文学やるの?】日本の近代化について考える3冊

  2017/04/01    哲学 , ,

日本の近代化、外国文化の受け入れを考えることは、 「なぜか日本で西洋の文物を扱う …

ソクラテス人形

無知の知は誤りだ――15年間黙殺され続ける東大教授の証明

  ギリシア哲学といえば、ソクラテス。ソクラテスといえば、無知の知。 …

プラトン『エウテュプロン』の概要|敬虔とは何か

    エウテュプロンはアテナイの神官で、ソクラテスと「敬虔 …

『嫌われる勇気』の岸見一郎氏はギリシア哲学研究者なので実績を調べてみた

アドラー心理学の紹介書である『嫌われる勇気』が話題になっています。 ドラマ化もさ …

ソクラテスのディベート術―VSメレトス

ソクラテスの議論不敗神話。   若者を善くする人々は誰か? 「メレトス …

ソクラテスといえば「無知の知」という理解は間違いだった!?

  ギリシア哲学といえば、ソクラテス。ソクラテスといえば、無知の知。 …

血気盛んな東大教授が勧めるプラトン入門のための読書案内

このブログは、プラトンに関する次元の低い記事ばっかり書いている。 それでももし「 …

プラトン対話篇の特徴と楽しみ方は「圧倒的なリアリティ」を感じること

プラトンの作品は、対話篇という形式で書かれている。 おおざっぱにいうと、芝居の脚 …

哲学書の原典を読むとは?(プラトンの場合)

  プラトンの作品を読むといって、私たちは何を読んでいるのか? &nb …