【ハウルの動く城】ソフィーの年齢が若返る理由は?呪いはいつ解けた?




あれ?ソフィーいつの間に呪い解けてたの?

 

途中急に元の姿になったりいろいろ変化するけど、それも呪いなの?

 

劇中では呪いを解かれるシーンもないし、最終的に髪色は戻らないし謎は多いですよね。

 

ソフィーのかけられた呪いについて振り返りましょう!

  1. ソフィーのかけられた呪いとは?なぜ呪いをかけられたのか?
  2. ソフィーの年齢が若返る理由は?
  3. 呪いはいつ解けたのか?

 

ソフィーの呪いは老婆になる呪いではなく「気持ちの年齢が姿に現れる呪い」でした。

気持ちが若返れば、姿も若返るということですね!

 

呪いの解けたタイミングは諸説あるものの、私はハウルの気持ちを確認した時だと考察しています!

詳しくは以下をご覧ください!

 

【ネタバレ考察】ソフィーの年齢が若返る理由は?呪いはいつ解けた?

【ハウルの動く城のネタバレ】原作小説との違いは?登場人物の設定を徹底比較

【ハウルの動く城のネタバレ】原作小説との違いは?登場人物の設定を徹底比較

 

ソフィーが呪いをかけられた理由は?荒れ地の魔女の作戦?

この呪いも完全なとばっちりだなって思うんですが・・・

ハウルをゲットするための荒れ地の魔女の作戦なんです

 

そもそもは、ハウルが荒れ地の魔女の追っ手から逃げるカモフラージュにするためソフィーを利用します。

この時ソフィーも軍人さんからしつこいナンパをされ困っていたのでお互い様とも言えますが、出会いは偶然です。

 

しかしこの出会いがソフィーの今後を大きく変えることに。。。

 

ハウルに助けて貰った晩、荒れ地の魔女が閉店後の帽子屋に訪ねて来ます。

しかも嫌味ったらしく高飛車な雰囲気で。

 

「安っぽい店。安っぽい帽子。」

「あなたも十分、安っぽいわねぇ。」

 

初対面のオバ様にこんなこと言われるなんてかなりの屈辱です(笑)

怒ったソフィーも口調強めに

「どうぞ!お引き取り下さい!」と店のドアを開けます。

それがまた気にくわなかったのか荒れ地の魔女は呪いをかけるんですね~。

 

呪いをかけられたソフィー

  • 手や顔はシワくちゃ
  • 腰は曲がり
  • 髪の毛は真っ白

歯は残ってたものの90歳のおばあちゃんの姿になってしまいます。

急にショックすぎる見た目。

そもそもなぜソフィーに荒れ地の魔女が会いに来たんでしょ?

 

呪いをかける意味ってあったんですかね?

 

まず、荒れ地の魔女はとにかくハウルをものにしようと必死でした。

しかもハウルの心臓(ハート)を狙っているんですよね。

物語終盤にハウルの心臓を握って離さなかったのもハウルの心が欲しくてたまらなかったからです。

 

ちなみに荒れ地の魔女も悪魔と契約を交わしているので心臓がないものと思われます。

 

若く美しいハウルを魔力を使って必至に追い続ける荒れ地の魔女。

 

そこへ急に現れたのがソフィーです。

逃げ回るハウルと違い一般の町娘であるソフィーならハウルをおびき寄せる道具として使える可能性大です。

 

仲良さそうに歩いてるのを見たもんですから

「またハウルがこの娘に会いに来るかもしれない。」

もしくは

「呪いをかけておけば私にすがって来るかもしれないし、この娘を利用してハウルの居場所が分かるかもしれない。」

 

そう考えますよね。

 

だからソフィーに呪いをかけた去り際に

「ハウルによろしく」的なことを言うわけです。

 

ソフィーの呪いの中身は何? 気持ちが年齢に表される呪い!

ハウルの動く城マルクルは何者で正体は?年齢や部屋をネタバレ考察

ハウルの動く城マルクルは何者で正体は?年齢や部屋をネタバレ考察

 

呪いをかけられた直後は「おばあさんにされる呪いだったんだ…。」

って思っていましたが、気づけばソフィーの姿がコロコロ変わってるんですよね。

 

その変化がまた絶妙な感じで並べないと分からない程の箇所も!

 

あれ?こんなに若々しいおばあちゃんだっけ?

 

ってぐらいの50~60歳ぐらいの姿もあったり、寝てるときは完全に元の姿に戻っていたり・・・

でもまたふとした瞬間におばあちゃんになったり。

 

この見た目の変化にはソフィーの感情が大きく関係しているのです

若返った時を思い返すと

  • 寝ている時
  • マダム・サリマンにハウルの良さを熱弁している時
  • 動く城の引っ越し先の花畑を見ている時

 

それ以降、戦争がソフィーの実家まで迫っているときは60歳くらいのおばさまの姿のままをキープしますし

戦争が激化し、家とハウルを守らなければいけない窮地に達すると髪色以外は完全に元通りです。

この時のソフィーの気持ちと見た目の変化に関してですが、意外に単純なところにあります。

 

例えば、

  • やりたいことに熱中して趣味にいそしむ50代と
  • 人生を諦めて疲れ切ってしまっている50代の女性

がいるとします。

 

この二人は同じ年齢だったとしても見た目は違うことでしょう。

  • いきいきとしている人は気持ちが若く見た目も若々しく見え、
  • 疲れ切っている人は老け込んだ容姿になります。

 

ソフィーは父親の帽子店を継いでいましたが、その帽子店に誇りを持って働いているというより

「長女だし、そうするべき」

という使命感で働いていました。

 

妹のレティーにも「本当に望んでるの?自分の好きなように生きるべきだよ!」と言われています。

加えてソフィーは容姿にも自信がありません。

 

ハウルの髪色が変わり「美しくなきゃ生きていたって仕方がない。」と呟いたハウルにソフィーはこう激怒します。

 

「私なんて美しかったことなんか一度もないわ!」

まさに自信のなさを象徴するかのような言葉。

 

ソフィーは「帽子屋を継ぐ自分」にも「地味な容姿」であることも全て諦めて自分の殻に閉じこもっていたんです。

 

よくいる「私なんてどーせ…」系の女子ですね。

ネガティブでちょっぴり卑屈です。

 

呪いが解けたタイミングはいつ? ハウルの気持ちを聞いてソフィーが完全に自信を取り戻した時!

【ハウルの動く城の結末ネタバレ】かかしの名前と正体は?原作との違いを考察!

【ハウルの動く城の結末ネタバレ】かかしの名前と正体は?原作との違いを考察!

 

呪いの解けたタイミングに関しては実は色んな考察があるんですよね~。

 

1 ハウルに会った瞬間

まず1つは「ハウルに会った時点で実は解けている」説。

ハウルはソフィーにかけられた呪いがどんなものか知っており、出会ってまもなく呪いは解いていた。

しかしソフィーのネガティブさが元に戻ることを拒否していたため、すぐに元の姿に戻れなかったのでは?

 

2 結末でカルシファーが呪いを解いた

スポンサードリンク

次に「カルシファーとハウルの契約解除した時にカルシファーが呪いを解いた」説。

これは動く城にソフィーが来たばかりの頃のカルシファーとの会話で匂わせています。

  • ソフィ「あんた私にかけられた呪いを解けるの?」
  • カルシファー「簡単さ。オイラをここに縛り付けている呪いを解いてくれたらあんたの呪いも説いてあげるよ」

 

物語終盤でソフィーはきちんとこの約束を果たします。

ということはソフィーの呪いをカルシファーが解いてあげたんでは?

 

3 自分で呪いを解いた(考察)

そして最後に!

これは私の考察ですが、そもそもかけられた呪いは気持ち年齢を表す呪いだったとすると

「他人に解くことは不可能な呪い」だったんじゃないでしょうか?

劇中でも厄介な呪いといわれていましたし、かけた本人も「解き方知らない」って言ってるぐらいです。

↑一気に老け込んだ荒れ地の魔女。

 

つまりこの呪いはソフィー次第だったんじゃないでしょうか?

恐らくそこの事をハウルも勘づいていたはず。

なのでソフィーを元気づけたり、わざわざ帽子屋の実家に引っ越したりしたんじゃないでしょうか?

度々元の姿に戻りながらも、やはり気持ちに蓋をしておばあさんになってしまうソフィー。

おばあさんにならなくなったのは戦火の火種が実家にまで及び、ハウルが体を張って街を守っているのを見た時からです。

そしてハウルを引き留めようとするソフィーにハウルがこんなことを言うんです。

 

「僕はもう十分逃げた。ようやく守らなければいけないものができたんだ。」

「君だ。」

 

この言葉にハッとするソフィー。

今まで自分に自信がなく人生を諦めていたソフィー。

ハウルに恋心を抱きながらも、その自信のなさからおばあさんの姿に逃げていたのにハウルの気持ちを初めて聞くんです。

 

もうおばあさんの姿になる理由がありません。

逃げることをせず、正々堂々前に進んでよくなったんです!

 

なので完全に呪いが解けたのはこのタイミングだったんでは?と推測してみました!

皆さんはどう思いましたか??

 

ソフィーの呪いで髪の色が戻らない理由はなぜ?

ダメ男ハウルの正体は何者で化け物に変身する理由は?部屋で出た緑のネバネバ液体は何?

ダメ男ハウルの正体は何者で化け物に変身する理由は?部屋で出た緑のネバネバ液体は何?

 

映画では目立って描かれていませんが、原作では「長女は幸せになれない」という西洋のおとぎ話の迷信を強く信じています。

なのでソフィーのおばあちゃんの容姿はソフィー自身の気持ちの年齢を表しているのだと考えられます。

  • 寝ていたり
  • 人を強く想う気持ち
  • 自分の気持ちに正直になった時

なんかは心も安定し、前向きになることで元の姿に戻れていたんですね。

最終的には髪色以外が戻りましたが、なぜ髪色だけ戻らなかったのか?

これはソフィーが今の自分を好きになったことが理由だったかもしれません。

ハウルにも「星の光に染まっている」と太鼓判を押されていましたし、見た目より中身が重要であることにお互い気づいたのでしょう。

 

まとめ:ソフィーの呪いは気持ち年齢が姿に現れる呪い!呪いを解くのも自分自身だった?

ハウルの動く城のソフィーの年齢が若返る理由は?呪いはいつ解けた?

  1. ソフィーは呪いをかけられ老婆に!ハウルをゲットするための荒れ地の魔女の作戦劇!
  2. ソフィーの呪いは気持ち年齢が姿に表される呪いだった!
  3. 呪いが解けたタイミングはハウルの気持ちを聞いた時!

 

魔法使いやら、おとぎの国のファンタジーな話かと思いきや、実は普段直面する悩みやコンプレックスなどが題材になっているんですよね~。

自分を変えるのは自分次第!

前向きになることで美しく、可能性も広がるのでしょう!

私に同じ呪いがかけられず本当に良かったです。

 

ハウルとソフィーのその後は?原作続編ではキスして結婚と出産する?

ハウルとソフィーのその後は?原作続編ではキスして結婚と出産する?

 

\登録1分。いつでも無料で解約可能/
amazonプライムビデオ無料体験登録

高等遊民の有料noteの紹介

 

noteにて、哲学の勉強法を公開しています。

 

現在は1つのノートと1つのマガジン。

 

1.【高等遊民の哲学入門】哲学初心者が挫折なしに大学2年分の知識を身につける5つの手順
 
2. 【マガジン】プラトン『国家』の要約(全10冊)

 

1は「哲学に興味があって勉強したい。でも、どこから手を付ければいいのかな……」という方のために書きました。
 
5つの手順は「絶対挫折しようがない入門書」から始めて、書かれている作業をこなしていくだけ。
 
3か月ほどで誰でも哲学科2年生レベル(ゼミの購読で困らないレベル)の知識が身につきます。
 
3か月というのは、非常に長く見積もった目安です。1日1時間ほど時間が取れれば、1ヶ月くらいで十分にすべてのステップを終えることができるでしょう。
 
ちなみに15000文字ほどですが、ほとんどスマホの音声入力で書きました。

かなり難しい哲学の内容でも、音声入力で話して書けます。

音声入力を使いこなしたい方の参考にもなると思います。

 

2はプラトンの主著『国家』の要約です。
原型は10年前に作成した私の個人的なノートですが、今読んでも十分に役に立ちます。
岩波文庫で900ページ近くの浩瀚な『国家』の議論を、10分の1の分量でしっかり追うことができます
 
 

\無料試し読み部分たっぷり/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。