プラトン『国家』のテーマ(続):アデイマントスの問題提起

      2017/03/01

前回、プラトン『国家』のテーマということで、いわゆる「グラウコンの挑戦」について紹介しました。

 

前回記事

高等遊民.com 「プラトン『国家』のテーマとは:グラウコンの挑戦」

 

グラウコンとはアデイマントスとともに『国家』に登場する、プラトンの実のお兄さんです。アデイマントスが長兄、グラウコンが次兄です。長兄次兄などというと『北斗の拳』のようですが、ふたりともラオウやトキのような実力者です。

 

いわゆる「グラウコンの挑戦」の内容は「人間は正義をなし、不正をなすべきではない」という一見当然のように思える主張を、ソクラテスに改めて証明してほしいというものでした。

というのも、わたしたちは誰でも頭の中で「不正は(発覚しない限り)正義よりも得である」と思っているからです。もし誰もそう思ってないなら、民法なんかいりませんよね。

グラウコンの主張は、現代の正義論の次元を遥かに突き抜けた問題提起、正義に対する根本的な挑戦であることを確認しました。

 

さて「グラウコンの挑戦」の直後にお兄さんのアデイマントスが続けて話をはじめます。「いやソクラテス、わたしも似たようなことを思っていました。」というような感じです。

直前で論じられたグラウコンの問題提起を補強する意味で、アデイマントスがさらに正義と不正についての話を展開します。

アデイマントスは「不正を追求する生き方がいかに合理的で正当性があるか」を論じるという、これもまたとんでもない議論になっています。

 

内容を要約的に見ていきましょう。

 

アデイマントスによれば、正義が善とされるのも、評判や結果のゆえに過ぎず、正義(を守る・行うこと)はそれ自体としては苦痛を与えるものだ。

それではなぜ正義を讃える人々がいるのか。それは彼らが正義の見返りとして、何か苦痛の欠如や快楽を求めているからだ。

そして正義を讃える人々にとって、正義がもたらしてくれる最大の報酬とは何か。

それは、わたしたちの言う「天国」「極楽浄土」への切符だ。もしかしたら正義を実践しても、この世では報われないかもしれない。しかし、正義が報われないなど、あってはならない。だからあの世では報われるに違いない。

そしてこの世では苦労しても、あの世で苦痛なく、安楽に過ごして「ああ、極楽極楽」と安らぐこと。正義はいつか報われる。正直者は報われる。これこそが正義の価値だと、彼らは主張するのだ。

 

これをアデイマントスはとんでもない炎上ワードで片付けました。

彼らが正義を守る理由は「永遠の酩酊」への憧れだ。

 

これに対して不正・悪徳はどうでしょうか。

不正それ自体は、苦しいことではない。正義よりも圧倒的に得であり、人々に気づかれないように注意することだけだ。

確かに他の人々に気付かれずに、不正を押し通して生き切るのは容易ではないが、それは大きな仕事をするなら、どのような生き方であっても難しいものだ。

難しさは同じならば、正義よりも不正・徳よりも悪徳を追求した方が、現世ではより多くの幸福を手に入れられるだろう。

 

 

いやあ、本当にこの辺りは現代でもそのまま同じ論理が通用しますね。成功者になりたければ、それなりに大きな仕事をしなければなりませんよね。

これはわたしの想像ですが、この辺りはプラトンが嬉々としてペンを走らせていたのではないでしょうか。

こんなにスカッとする楽しいお話ってなかなかないです。ここを楽しむだけでも哲学やプラトンを学ぶ価値ってあると思います(笑)

 

 

さて、戻りましょう。アデイマントスは続けます。

不正を行うに際して、もう一つの危惧は神々に気付かれることです。

これは「そんな死後の裁判なんてないよ」と証明されないだけに、つまり「もしかしたら天国地獄はある」という可能性は0と言えないだけに、一番のネックです。

ところがこれも、当時の古代ギリシアの詩人・宗教家・様々な伝承を調べる限りは、大丈夫なのです。

というのも、古代ギリシアで誰もが知っていた話(日本むかし話のようなもの)を細かく調べてみると、神々というのは優しい方々であって、もし間違いを犯したとしてもそれが許されないなんてことはありません。

「供物を捧げ、やさしく祈る(365e)」。そして「秘儀(365a)」により、許してもらえる、免罪されるという話なのです。

 

というわけで、不正の人も秘儀により、くだんの「永遠の酩酊」は手に入ります。おまけに不正の人は、正直者は得られなかった現世における利益も手に入ります。

ならば、優秀で意志が強い若者なら、不正の人・悪徳を行う者を目指すことが進むべき道だ。こんな不穏なことを若者が考えたとして、正義の人は、彼を止めるための説得ができない。

なぜなら、その人たちにとって正義を守るのはその見返り・報酬のためであって、それ自体で善とは語れないからだ。

そのうえ、悪徳を非難する人々の言い分が、ハデス(冥界・地獄)での罰などでは、いよいよ弱者の恨みに過ぎず、優秀な若者からすれば歯牙にもかけないだろう。

 

ここまでで、アデイマントスは正義を守るメリットは、不正が成功すればすべて得られるメリットであると主張して、更にたたみかけます。

仮に誰かこんな人、上の議論が誤りであると証明できて、正義こそ最善であることをわかっている人がいたとしても、彼はきわめて寛大な態度で、怒ることもないだろう。

なぜなら彼はわかっているからだ。一般にはみずからすすんで正しい人であろうとする者など一人もいないこと、何らかの弱さ故に不正行為を非難するが、それは要するに自分が不正をはたらく力を持たないからだということ、こんな連中もひとたび力を持てば不正を働く(ギュゲスの指環)のは明らかであることを。

これらの根本の原因は、正義それ自体を讃える言説や、正義それ自体の働きを説明する言説が皆無だからだ。

 

いかがでしょうか。グラウコンの挑戦でも、正義の人に最悪の人生を、不正の人に最高の人生を与えましたが、アデイマントスはそれに加えて、死後であっても不正の人が何か罰を受けたり不利益を被ることはないと主張しました。

正義の人による不正への反論として普通考える最後の砦となるのが「あの世の存在」です。そのあの世が、伝承をきちんと調べる限り、不正者を助ける仕組みになってしまっている。アテナイの文化・伝統が不正を擁護しているとも言えます。

要するに、神々が悪の原因であると解釈できる言説が、偉大な人々の遺した伝統として、国家全体でまかり通っている。

そうアデイマントスは主張したのです。

 

さらには、正義の賞賛が行き着くところも永遠の酩酊=快楽であると主張しました。これが正義を貶めるのにたいへん効果的な言説なのです。

永遠の酩酊のために生きるならば、あらゆる行為(善とされる行為だろうが何だろうが)の基準は快楽の損得計算でしかありません。

それならば、この世での生活には何ら積極的意義は見出ない。とすれば、この世でもあの世でも幸福な生き方としては、先の若者の選択が最も優れています。

これでは正義を守るなどは偽善的で、愚かなやせ我慢としか言いようがありません。

要するに、快楽が価値基準であるかぎりは、二人の「挑戦」は真実をついており、決して打ち破れないのです。

 

 

わたしたちはふだん、正義や徳といった概念はそれ自体として大きな価値を持つもの・無条件に善とされるものと考えています。

しかし、その実態をよくよく検討してみると、正義を行う根拠は「そちらのほうが不正をなすより得である」といったもので、決して正義それ自体に価値を認めているわけではありませんでした。

現代の正義論などは、それをもう認めてしまっています。正義それ自体に価値なんかないよと。みんなが不正を監視するために正義を作ろうよという話なのです。

それに対してプラトンは「いやそんな正義はいらない。正義はそれ自体として価値があるのだ」と主張しようとして『国家』を書いたのです。

 - ギリシア・ローマ哲学 ,