ソクラテスといえば「無知の知」という理解は間違いだった!?




 

ギリシア哲学といえば、ソクラテス。ソクラテスといえば、無知の知。

 

「無知の知」という言葉は、世界史や倫理の教科書にも登場する有名な標語です。

哲学徒ならずも、「ソクラテス=無知の知」という記憶をお持ちの方は多いと思います。

 

しかし、驚くべきことに、その「無知の知」やそれに類する言葉を、ソクラテスはただの一度も言っていません。

 

「無知の知」という概念は、ソクラテスに対する誤解だと主張する学者がいます。

納富信留『哲学者の誕生』の記載を紹介していきます。

「無知の知」という言葉の由来

そもそも「無知の知」という言葉は、ソクラテスとは一切関係のない由来を持った言葉です。

それがいつの間にか、ソクラテスと結び付けられて、ソクラテスの哲学の根本概念を表す言葉として定着してしまったというのが真相です。

 

「無知の知」という言葉の由来は、ニコラウス・クザーヌスのdocta ignorantiaという言葉の翻訳として発生しました。

クザーヌスは近世のキリスト教思想家であり、”docta ignorantia”というタイトルの著作があります。

それを受けた日本語訳として、「無知の知」と訳されました。

つまり「無知の知」とは、ソクラテスに帰される標語ではなく、クザーヌスに帰される標語として登場したのです。

 

その証拠が、大正11年に出版された『岩波哲学辞典』(宮本和吉編)

その辞典では「無知の知」の項に「ドクタ・イグノランチアの訳語」とだけ記載されています。

つまり大正時代には「無知の知」という項目があるにも関わらず、ソクラテスには言及されていないのです。

 

「無知の知」=ソクラテスと結びつけたのは高橋里美

納富氏によれば、「無知の知」をソクラテスと結びつけて解説した最初の例は、高橋里美という近代日本の哲学者(男性)の叙述です。(昭和4年)

 

「ソクラテスは知の所有者をもって任じていたソフィストに対して、我はただ知を求めるものであるとして意識的に自己を彼らから区別した。

真に知を求むるものは、先ず自らが何ものも根本的には知らぬことを知らねばならない。自己の何者であるかすら知らぬものでなければならぬ。

これを「無知の知」 docta ignorantia というのである。それで学的高慢ではなく学的謙遜こそ哲学者の名にふさわしい態度である」

 

この高橋里美の理解が、「無知の知」というわかりやすい標語のもとにキャッチフレーズ化され、一般に流布したのだろうと、納富氏は推測します。

 

ここまでで確認できたことは3点。

・「無知の知」という言葉自体は、元々はソクラテスとは関係なく出てきたこと。(クザーヌスの著作の題名)

・昭和初期に高橋里美という哲学者が、ソクラテスの哲学の本質を「無知の知 docta ignorantia」と結びつけたこと。

・高橋里美の理解が、おそらくキャッチフレーズ化して一般に流布したこと。

 

「無知の知」という言葉は何が間違いなのか? 3つの根拠

さて「無知の知」が本来ソクラテスとは関係ないことはわかりました。

でもソクラテス=無知の知という、高橋里美の理解は別に間違いではないんじゃないの、という考えもあるかと思います。

 

納富氏は、無知の知をソクラテスに帰することが誤りであると強く主張します。

(無知の知という)ソクラテス像こそ、西洋からの哲学受容の屈折を反映した、大いなる「誤解」に他ならない。

 

しかし、この有名な標語は、驚くべきことに、ソクラテスの理解としては完全な誤りである。

私の信じるところでは、この誤りは哲学の始まりを妨げる大きな害悪である。

 

この尋常でない事態は……耳に心地よいキャッチフレーズに、私たちが無反省に寄り掛かってきたためとしか考えられない。

このような強い語調を繰り返す納富氏。

以前、納富氏を「血気盛んな東大教授」と表現しましたが、別に納富氏がビッグマウスだとか、そういう意図はありません。

(関連記事)血気盛んな東大教授が勧めるプラトン入門のための読書案内

 

 

さて、「無知の知」が誤りだという根拠を、納富氏は3つ示します。文献的証拠・哲学的考察・歴史的経緯の3つです。

このうち歴史的経緯については、上述したように、元々は「無知の知」はクザーヌスに由来しているという事実を指します。

とりわけ重要でかつ決定的な証拠は文献的証拠なので、それを紹介致します。

 

「無知の知」という言葉は一度も出てこないという決定的証拠

無知の知という言葉は、プラトン対話篇の中に全く現れない――

 

もうこれだけでQ.E.D.としてもいいくらいなのですが、納富氏は丁寧に説明します。

 

ソクラテスはアテナイの知者(知識人)たちと「善とは何か」などと対話し、世の知者の無知を暴いていきます。

これらの世間の知者は、善とは何かを知らないのに、ソクラテスと対話し、論駁されるまでは、知っていると思い込んでいました

それに対しソクラテスは、自分は善とは何かということについて知らないということを、自覚していました

 

つまりこんな対応になります。

世間の知者:知らないのに、知っていると思っている。

ソクラテス:知らないのを、そのとおり知らないと思っている。

 

それが「無知の知」という理解で対応させるとどうなるのか。

世間の知者:知らないのに、知っていると思っている。

ソクラテス:知らないのを、知っている。

 

ソクラテス側に「思っている」が欠如したこの対応。これは明らかに不釣合い・不整合であると納富氏は考えます。

 

ここで重要なのは、ソクラテスが「知らないのを、そのとおり知らないと思っている」という部分。

ソクラテス(プラトン)はこの手の言葉を発するときは、必ず「思っている」と書いています。

「知らないことを知っている」と「思っている」という単語を抜けしたことは、プラトンの全ての著作を通じて1度もありません

 

 

つまりソクラテスは、「無知を知っている」のではなく、「無知を自覚している」のです。(正確には「不知の自覚」と表現)

 

「無知の知」と「無知の自覚」の違い

「無知の知」ではなく「無知の自覚」(より正確には「不知の自覚」)。

これがソクラテスの哲学の本質であると納富氏は考えます。(もちろん正確にはもう少し複雑ですが。)

 

この違いは、些細なように見えて重大です。

なぜなら「自分が無知であることを知っている」というのはある種の知識と言えますが、その知識の内容は全く空虚なものだからです。

ソクラテスにとって知識とは言葉で説明可能・表現可能なものです。

たとえば「医学の知とは何か」といえば、「健康と病気についての知」と言えます。

しかし、「無知の知とは何か」といえば、一体何についての知識なのか。「知らないことについての知識」とは内容空疎な同語反復です。

 

おわりに 「無知の知」は相変わらず使われ続けている

以上のように、「無知の知」が誤りであると納富氏は主張し、「無知の知」という標語の使用を控えるように提言しています。

 

納富氏が始めにこの論説を公にしたのは、2003年です。(「ソクラテスの不知――「無知の知」を退けて」という論文。「思想」に掲載。)

しかしながら、現状は相変わらず、世界史や倫理の教科書でも使われ続けていますし、学者の書いた一般書でも「無知の知」は使用され続けています。

 

しかも、驚くべきことに、納富氏の以上の主張に対し、真っ向から応答した学者は今のところ皆無です。

納富氏の主張に、何の応答もせずに、一般向けの哲学史の書籍などで「無知の知」という標語を使い続ける学者もかなりいます。

 

「無知の知」が誤りであるという納富氏の主張は、およそ15年の間、黙殺され続けているのです。

納富氏が強い語調で誤りであると繰り返したのは、こういう黙殺された事情があるのかもしれません。