マルコムXとは誰か:キング牧師と公民権運動のあいだ




公民権運動とは、20世紀アメリカで起こった、黒人に対する人種差別の反対運動です。

 

公民権運動の発端は、バス・ボイコット運動から始まります。

 

一般黒人女性ローザ・パークスが、バスで白人に席を譲ることを拒否したことから運転手に降車させられた事件。

 

そうした運動が全米を動かす大きなうねりとなって、公民権運動と呼ばれていくのです。

 

公民権運動とイスラム教

公民権運動といえば、キング牧師や、彼の演説が思い起こされます。

 

キング牧師の活躍により、人種差別を容認する法律の一部が撤廃された、と。

(関連記事)「白人は自らの暴力で魂をゆがめている」と大胆すぎるケンカを売ったキング牧師

 

この大きなムーヴメントは、宗教的組織が、大きな役割を持っていました。

それはプロテスタントをはじめとするキリスト教の動きだけではありません。

アメリカにも根づいていたイスラム教の存在も大きな、そして重要な役割を果たしました。

 

アメリカにおけるイスラム教グループの存在がなければ?

おそらく公民権運動はこれほど大きな影響力を持つことができず、失敗に終わっていた可能性さえあります。

 

これは当時のアメリカ国民はおそらく皆わかっていることだったと思います。

 

そして、イスラム教グループの中心的存在が、マルコムXと呼ばれる人物でした。

 

キング牧師とマルコムXは、しばしば

  • 「暴力」と「非暴力」
  • 「夢」と「悪夢」

などというように、

対立するレッテルを貼られているイメージを持たれています。

 

今回は彼の生涯について追っていきたいと思います。

スポンサードリンク

マルコムXの生い立ち

引用元:マルコム・X – Wikipedia

マルコムX(1925-65)はアメリカ中部、ネブラスカ州オマハで生まれましたた。

本名をリトル(Malcolm Little)と言い、5歳の時に父を亡くし、母親も間もなく病気になってしまいます。

 

父の死について、警察は自殺と判断したが、マルコムは白人に殺されたと信じていました。

 

マルコムの幼少期は、白人ばかりの学校へ行ったりと、白人嫌いというわけではありませんでした。

成績も優秀で、弁護士を目指していたほどです。

 

しかし、黒人であるがゆえに将来の道を閉ざされ、以来白人を避けるようになってしまいます。

「きみは弁護士はなれない。清掃業があるよ」

 

こんなふうに教師に言われたのです。

 

失望したマルコムは、やがてマルコムは裏社会の一員となり、強盗を計画。

1946年2月、マルコムは21歳で刑務所に入ることになります。

 

しかし、この刑務所での生活が彼の人生を一変させることになるのです。

 

刑務所での出会いと猛勉強

マルコムは刑務所へ入るとビンビイという男と知り合いになります。

ビンビイは学識のある黒人で、マルコムに通信教育と図書館を利用するように勧めました。

そこでマルコムは、英語の通信教育を受けることにしました。

およそ1年でしっかりした文章が書けるようになり、ラテン語の通信教育も始めました。

 

入獄からおよそ2年経った1948年。

マルコムの兄フィルバートから

「黒人本来の宗教を発見した!」

という手紙が届きます。

 

兄が所属していたのは「ネイション・オブ・イスラム教団(通称NOI)」でという宗教。

 

NOIについては、こちらで紹介。

(関連記事)マルコムXとNation of Islam(ネイション・オブ・イスラム)

 

 

他の兄弟たちは既に入信していました。

この手紙にマルコムも関心を示し、それからマルコムはイスラム教についての学習を開始しました。

 

その年の暮れ、マルコムは別の刑務所にうつされます。

マルコムの異母姉のエラ。

彼女の働きかけによって、マサチューセッツ州ノーフォークの実験的な犯罪者更生刑務所に移されることとなります。

 

ここは大学教授がやって来るほどの犯罪者への教育に力を入れた刑務所

生活環境も他の刑務所とは比較にならないほど良いものでした。

 

そしてNOI信者である兄弟たちに教化され、NOIの指導者イライジャ・ムハマドに手紙を送るようになります。

 

 

イライジャ・ムハマドから返事をもらい激励を受けたマルコムは、さらなる猛勉強を開始します。

 

その猛勉強とは?

 

「辞書を書き写し、それを音読する作業をAからZまでやり通した」

 

というものです。

 

また、歴史や哲学、また黒人差別についての数々の文献を読んだ。

そして大量の知識。それに伴う知性と教養を身につけたといいます。

 

その猛勉強の態度がよかったせいか、1952年マルコムは仮釈放の身分になります。

そして外の世界で早速イライジャ・ムハマドと会い、NOIに入信することになります。

 

その際、彼は「X」という名前をもらいました。

 

教団員の用いる「X」は永久に分からないアフリカの祖先の姓の象徴を意味するものでした。

 

こうしてマルコム・リトルはマルコムXとなりました。

 

マルコムXの、その後はこちらからどうぞ

(関連記事)出所後のマルコムXはいかに有名人になったか?

 

 

参考にした本

完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLIO20世紀)
       マルコムX 中央公論新社 2002-03
       売り上げランキング : 20798

by ヨメレバ

 

キング牧師とマルコムX (講談社現代新書)
       上坂 昇 講談社 1994-12-16
       売り上げランキング : 154112

by ヨメレバ

 

スポンサードリンク